【仕事辞めたい!】辞める11の理由から導き出される辞め方の違い!新卒でもOK!

仕事を辞めいたい!そう思っている人に、仕事を辞める前にまずやっておきたいことを紹介します。

まずは、「仕事辞めたい」理由を明確に!

仕事を辞めたいと思っていても、理由次第では、

  • すぐに辞めてよい
  • 辞める前にすること
  • 辞める必要がない

という風に、行動が異なります。

 

一時的な思いで、「損をしたり」「もったいないことをしたり」「その後の自分に不利になる」そんなことのないにしっかりと知っておきましょう。

 

理由別に今すぐするべきことを紹介します。

 

1.パワハラ・セクハラ

上司からのパワハラやセクハラが原因で辞めたいと思っているなら、すぐに辞めることをお勧めします。

「○○しないと、××するぞ!」と、いつも言われていたり、ほかの社員の見世物にされたり、プライベートで何か強制されているのなられっきとしたパワハラです。

 

また、女性の場合はセクハラ問題も多いですが、男性へのセクハラや同性からのセクハラもあります。

直接的に触れる行為はもちろん、手以外でもくっついてきたりという行為が日常的にあるようなら、専門機関に相談することをお勧めします。

また、言葉や指示でのセクハラ行為もあなたが性的に嫌な思いをしているのなら、行動することをお勧めします。

 

報復行為や仕事を辞めることになると金銭面での不安があるのなら、まずは、他の上司や同僚に相談することをお勧めします。

ただ、相談できないことも多いと思いますので、専門機関に相談を持ち掛けることをお勧めします。

あかるい職場応援団運営事務局」というところで、「パワハラ」「セクハラ」相談の全国の相談機関を紹介してもらうことができます。

 

2.社内いじめ

上司や同僚からのいじめが理由で辞めたいと思っている人も多いでしょう。

ただいじめに関しては、小学校等のいじめでも問題になっているように、「どこからがいじめか」ということが難しいです。

明らかに何か身体的いじめや、時間拘束的、金銭的な事象がある場合は、ハローワークなどに相談しましょう。

 

明確に示すことができない場合、一番の対策としては、仲のいい上司を作ることです。

その上司に相談をして、改善を試みるという事しかありません。

厳しい問題ですが、うまくいじめ行為を証明できないのであれば辞めるほかないでしょう。

今の会社は、長い人生の1ページにすぎません。心身ともに悪化してしまわないように自分の身を1番に考えましょう。

 

3.人間関係が合わない

仕事を辞めたいという理由で最も多いのが「人間関係」です。

というのも、職種はある程度入社前に把握できますが、人間関係は知ることができません。

 

人のことを全く考えない上司や、わざと苦しめるようにする上司もいるでしょう。

また、同僚とのそりが合わずに、毎日ストレスに感じていることもあると思います。

 

仕事は、生活の大部分を占めることもあり、

人間関係のストレスがあると 毎日毎日が嫌になってしまいます。

 

もしも今後その人達と長期的に仕事をして行かなければならないのであれば、仕事を辞める選択をするのも良いでしょう。

しかし、部署の異動の可能性や長期的に仕事を一緒にする可能性が低いのであれば考え直すことも良いかもしれません。

 

今の仕事場が本当にしたい仕事であったり、理想の職種なのであれば、人間関係を理由に辞めてしまうのは少しもったいないです。

同じような自分が求める仕事に就くことができるのであれば辞めるという選択肢も良いでしょう。

この辺りの山形屋辞めるタイミングについては、次の章で紹介していきます。

 

4.仕事内容が嫌

仕事内容が嫌というのは人間関係の次に多い辞めたい理由です。

 

仕事内容についても入社時に分からないことも多く、また、入社前に聞いていた内容と食い違っていることも多いからです。

この場合は、計画的に仕事を辞める方向で考えていきましょう。

 

あなたがしたい仕事でないのであれば、その仕事を無理矢理する必要はありません。

それが、入社時に会社からの説明で言われた内容と違ったのであればなおさらです。

この理由に関しても、次の章で紹介する準備やタイミングに注意して辞める計画を立てていきましょう。

 

5.会社の将来に不安がある

仕事内容と同じく、会社の将来に不安を感じることもあるでしょう。

 

実際に入ってみないと、内部的なことはわからないので、想像していたよりも将来性のない会社だったり、上司の能力や職種の将来性への不安もあるでしょう。

 

また表向きには綺麗に作っている会社も多く、裏側を見てこの会社では働きたくないということも多いです。

 

長期的に見てこの会社で働く自信がない、自分の将来が不安、ということなのであれば、こちらも、次の章を参考にして、辞める計画を立てていきましょう。

 

6.給料や待遇に不満

給料や待遇で仕事を辞めたいと考える人も多いです。

 

給料面は入社時に向かっていることなのですが、実際に働いてみると、業務内容と給料が合わないということはよくあります。

 

ただ、新卒や未経験で入社しているのであれば、経験的に給料が安く設定されているというのはしょうがない部分もあります。

 

しかし、明らかに他の会社や、周りの友人家族などと比べて給料が安すぎるのであれば、 今よりも給料の良い会社に転職するのも良いでしょう。

 

また、待遇面での不満もよくある話です。

当初の休日日数や有給取得、残業時間、と実際の勤務体系が異なっていることもよくあります。

 

結局のところ仕事というのはプライベートのために働いているという人も多いと思います。

仕事が命というような生活スタイルでないのであれば、休日や勤務時間が会わないということで辞めるというのは妥当な考えでしょう。

 

7.勤務地や勤務方法

勤務地に関する理由で仕事を辞める人も多いです。

 

入社時に思っていたより、実際に勤務してみると勤務時間というのは意外に疲労がたまるものです。

 

また、転勤がある会社でははじめに思っていた勤務地でないところに飛ばされてしまうということもあるでしょう。

 

友人や家族、恋人と離れ離れになってしまったりすると、精神的にも疲労が溜まってしまいます。

 

このような場合も、転職することを考えていた方が良いでしょう。

 

また、満員電車や、勤務地の最寄り駅が混雑するなど、勤務する時の苦痛があり、辞めたいという人も多いです。

 

この場合は、引っ越しを検討するなどもありますが難しいようであれば、自分の住んでいる家から勤務しやすい会社に転職するというのも良いでしょう。

 

8.違う仕事をしたい

今の仕事と違う仕事がしたいという理由で仕事を辞めたいという人もいると思います。仕事は実際働いてみるとイメージしていたものと違う場合もあります。

 

また実際に働いてみると、楽しくなかったり、やりがいを感じられないということもあります。

 

このような場合は、やめることばかりを考えずに、まずは次どのような仕事をして行こうかということを考えていくようにしましょう。

 

今現在就職や転職で失敗しているわけなので、次は失敗するわけにはいきません。

 

なので、貯金がなくすぐに働かないといけない場合は、今の仕事をしている間にしっかりと自分に合った仕事を見つけないといけません。

 

また、ある程度貯金があるのであれば、 一度仕事を辞めてからじっくりと考えてみるというのも良いでしょう。

 

今の仕事が嫌な状態で、考えていても良いアイディアは浮かびません。思い切って仕事を辞めてみるというのも、今後していきたい自分の仕事を見つけるきっかけになるかもしれません。

 

9.夢、やりたいとがある

仕事を辞めたいと考えている人の中には、夢ややりたいことがあるという人もいるでしょう。

 

その場合は、早い段階で思い切ってやめてみることをお勧めします。

 

もちろん、貯金がある場合に、限りますが、逆に言えば半年ほど過ごせるような貯金があるのに夢をあきらめて嫌な仕事を続けている意味はありません。

 

また、やりたいことがある場合も同じです。

それが仕事であっても趣味であっても、今の仕事をしていることでそのやりたいことができないのであれば、早いうちにやめてしまうということをお勧めします。

 

趣味の時間を、最優先に考えたいのであればその趣味ができるような仕事は必ず世の中にありますので、探してみましょう。

 

10.精神的に疲れた

特にこれといって、原因や理由はないけれども精神的に疲れたという人もいると思います。

 

この場合も、 他の理由と同じく貯金があるのであればすぐに辞めてしまった方が良いと思います。

 

そしてこの場合理由としては複数あるという人も多いでしょう。

 

仕事も嫌、上司も嫌、勤務先も何もかも!という人もいると思います。そうなってしまっているのであれば、 今の会社にいる意味はありません。

 

精神的に、体調を崩しているのであれば無理をしすぎてしまうと、長引いてしまうことも多いです。早めに今のストレスがかからない状態にして、これ以上悪化してしまわないようにしましょう。

 

この場合についても、次の章で順序を追って紹介していくので参考にしてください。

 

11.仕事以外の理由

仕事以外の理由で、嫌になり仕事が辞めたいという人もいると思います。

 

例えば恋愛です。恋愛がうまくいっているときは、仕事が頑張れたけれども恋人と別れた瞬間仕事にやる気がなくなってしまうということもあります。

 

また恋愛以外でも、何かプライベートで問題があったり、事件が起きたりすると仕事も嫌になってしまうことがあります。

 

その場合結局のところは仕事があっていなかったから、 何かをきっかけに仕事の嫌な面が一気に見えてくると言うことがあります。

 

この場合も、 順序を追って仕事を辞めて行く準備をしましょう。

 

仕事を辞める前の準備

いろんな理由で、仕事を辞めたいという人がいると思います。

 

どの場合においても、 仕事を辞める時に大切になるのが金銭的な問題です。

 

貯金が多くあるのであれば気にする必要はないと思いますが、最低でも半年ほどの貯金がない状態で次の仕事が決まっていないのに辞めてしまうと、 生活が出来なくなってしまいます。

 

また、一人暮らしの場合だと、つなぎでアルバイトでもすれば良いのですが、家族がいたり、何か出費があると、そうもいきません。

 

また、今の給料で貯金ができない場合、一向に辞めることはできませんので、その場合は転職先を見つけるところから始めないといけません。

 

ここでは、今貯金がない場合の退職する前の準備について紹介していきます。

 

1.アルバイトをして繋ぐ

1日も早く仕事を辞めたいけれども貯金がないという場合に一番おすすめの方法がアルバイトをして生活費だけを稼ぎ次の仕事が見つかるまで繋ぐという方法です。

 

おそらく、大手の企業で働いている場合はある程度の貯金があると思うので、この方法を取る必要はないと思いますが、その場合であっても新卒後すぐの退職や仕事を辞めたい理由に緊急性を伴う場合にはおすすめの方法です。

 

つなぎの場合のアルバイトは、履歴書に書く必要もなく職務経歴上、次の転職の不利になることもありません。

 

辞めたい辞めたいと考えている精神状態で次の仕事を中途半端に決めてしまいまた自分に合わない仕事場になってしまうのもよくありません。

 

なので、一見危険に見えるかもしれませんが、一度仕事を辞めて、 しっかりと自分探しや自分に合った仕事職場を見つけると言う選択肢が一番良いです。

 

また最近はアルバイトの時給も上がっているので、 学生の時よりも給料がもらえることも多いです。

転職先を見つけてから辞めるというのは、一見安全そうに見えるかもしれませんが、理由によっては簡単にできることではありません。

 

例えば、残業が多く休みもほとんどないような状態であれば、転職先を探したり、また面接に行くということも時間的に難しいことが多いからです。

 

本当に今の仕事を辞めたいのであれば一番おすすめの方法です。

 

2.転職先を見つけてから辞める

転職先を見つけてから辞めるというのは、家庭がある場合や、アルバイトでは支払いができなくなってしまうような場合にオススメです。

 

今仕事を辞めたいという意志が強いのであれば、 転職先を見つける姿勢にも気合が入るでしょう。

 

この後の章で紹介しますが、転職先を見つける場合今回の失敗と同じようなことにならないように、しっかりと自分に合った転職先を見つけていくようにしましょう。

 

3.とりあえず辞める

とりあえず、先のことは考えずに辞めてしまうというのも、 意外と多い選択肢です。

というのも、今の仕事でいっぱいいっぱいであったり精神的に参ってしまっていると、次のことを考える余裕がないためです。

 

やめてからでしか自分の本当の気持ちがわからないということもあります。

 

一度真っ白にしてみて、自分は本当は何がしたいのか、どんな仕事をしたいのか、何が嫌でどういう 条件が揃っている仕事がしたいのかということをじっくりと考えることができます。

 

また、地元から出ている場合は一度地元に帰ってみるというのも一つの選択肢としていいでしょう。

 

初心に返って考えるとはよく言ったものです。地元を離れた時の気持ちを一度思い出してみることで、自分に合った将来の方向性を見つけることができるかもしれません。

また、体調も崩してしまっているという場合は、一度地元に帰って療養をしたり、実家に帰ってゆっくりするということができるのであればそうしてみるのも良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました